債務整理 弁護士 司法書士

借金返済の相談を全国や地方在住の方がするならこちら!

借金をどうにかしたい

借金の金額が多すぎて返済がつらい…。
債務整理して、借金の苦痛から解放されたい…。
もしもそう思っているなら、一刻も早く司法書士や弁護士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、月々の返済金額が減ったり、等といういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談できる法律事務所・法務事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で全国や地方に対応している、おすすめの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
また、全国や地方にある他の法律事務所・法務事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、自分だけではなかなか解決できません。
司法書士や弁護士の知恵や知識を借りて、最善策を探しましょう!

全国や地方在住の人が借金・債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の借金返済や多重債務問題の相談なら、こちらの事務所がおススメです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の督促をSTOPすることもできます。
任意整理、自己破産、個人再生、過払い金、など、債務や借金の問題について相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付できるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や債務の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に適した方法で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から支払を清算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないため、お得に解決が可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので全国や地方の方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方近くの法律事務所や法務事務所紹介

全国や地方には複数の法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてください。




地元全国や地方の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

全国や地方在住で借金の返済問題に参っている状態

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社などは、利子がとても高利です。
15%〜20%も金利を払わなければなりません。
住宅ローンの場合年間0.6%〜4%ぐらい、マイカーローンの場合も1.2%〜5%(年間)くらいなので、ものすごい差です。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定している金融業者だと、利子が0.29などの高い利子をとっていることもあるのです。
とても高額な金利を払い、しかも借金は増えるばかり。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて利子も高利となると、返済は大変なものでしょう。
どのようにして返せばいいか、もうなんの当てもないのなら、法律事務所・法務事務所に相談するしかありません。
司法書士や弁護士なら、借金・お金問題の解決策をきっと考え出してくれるはずです。
長期返済の計画になるかもしれませんし、過払い金の返還で返済額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

債務整理のデメリットって?|債務整理

債務整理にもいろんな方法があって、任意で金融業者と交渉をする任意整理と、裁判所を介した法的整理である個人再生もしくは自己破産という類があります。
ではこれ等の手続についてどういう債務整理デメリットがあるでしょうか。
これ等の3つの手口に同じようにいえる債務整理の不利な点と言うと、信用情報にそれら手続を進めた旨が載るという点ですね。俗に言うブラックリストというふうな状態になるのです。
だとすると、およそ5年から7年の期間、クレジットカードがつくれなくなったり又は借金が出来ない状態になるでしょう。だけど、あなたは返済額に日々苦しみ続けこの手続を進めるわけですから、もうしばらくの間は借り入れしないほうがよいのではないでしょうか。じゃカード依存に陥っている人は、むしろ借入れができなくなることにより出来ない状態になる事によって助かるのじゃないかと思われます。
次に個人再生・自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこの手続きをした旨が掲載されるということが挙げられるでしょう。だけど、あなたは官報等ご覧になった事があるでしょうか。逆に、「官報ってなに」という方のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が作成する新聞に似たようなものですけれど、やみ金業者などの極わずかな人しか見てないのです。だから、「自己破産の事実が周りの方に広まった」等といった心配事はまず絶対にありません。
終わりに、破産特有の債務整理の欠点ですが、1回自己破産すると7年間は二度と自己破産は出来ません。これは十二分に注意して、二度と自己破産しなくてもいいように心がけましょう。

個人再生にあるメリットとデメリットとは/債務整理

個人再生の手続を進める事により、持ってる借金を減らす事も可能です。
借金のトータルした金額が膨れ過ぎると、借金を返す金銭を揃えることが出来なくなると予想できますが、減じてもらうと返済しやすくなります。
個人再生では、借金を5分の1に減ずることもできますので、返し易い状況になってきます。
借金を支払いたいが、今、抱えてる借金のトータルした金額が多すぎる人には、大きな利点になってきます。
又、個人再生では、車、家等を処分する必要もないというメリットがあります。
財産を保持しつつ、借金を払戻が出来るという長所がありますので、生活スタイルを改める必要がなく返す事もできるのです。
しかし、個人再生については借金の支払を実行していけるだけの所得がなくてはならないという不利な点も存在します。
この仕組みを使用したいと希望しても、定められた収入が無いと手続きを実施することは出来ませんので、収入の無い方にとりデメリットになってくるでしょう。
そして、個人再生を行うと、ブラック・リストに入ってしまいますから、それから以後一定の期間は、ローンを受けるとか借金をすることができない不利な点を感じる事になります。

関連ページ